蜑阪∈
谺。縺ク

レンタル携帯で個人情報はどうなるのか

個人情報と言えば自分の名前や生年月日、住所や電話番号などがあるかもしれません。
電話番号と言えばかつては自宅の固定電話の番号が一般的でしたが、最近は携帯電話を保有する人が多くなっているのでそちらの番号も大事になります。
携帯電話には電子メールが使えるものもありこの電子メールアドレスも個人情報の一つになりそうです。
スマホであればネット銀行などを利用できますし、QRコードなどを読み取って支払いをする仕組みの利用も可能です。
携帯電話を使う方法として自分で契約をするのではなくレンタル携帯を使う方法があり、短期の利用などに重宝することがあります。
まだ使い慣れていない人がまずはレンタル携帯で試しに使ってみるなどもあるかもしれません。
基本的にはレンタル携帯も通常の携帯電話と同じような使い方ができます。
スマホタイプであればアプリを登録して自分のパスワードやアカウントなどからサービスを利用することもあるでしょう。
どのスマホでもパスワードなどがあれば自由に利用できます。
レンタル携帯を利用するときに気になるのが利用時に登録した個人情報などがどうなるかです。
QRコード決済を使おうと自分のアカウントを登録すればそのレンタル携帯を通して支払いができます。
でもレンタル携帯ですからいずれ返却することになり、その後勝手に利用されれば自分の残高から支払われる可能性があります。
次にレンタルをした人などに使われてしまえばどんどん残高が失われるのではないかと思うでしょう。
まず利用するときには初期状態になっていて、前の人が利用した履歴などはすべて消されています。
アプリのインストールは自由に行えますが、利用が終わればすべて消されますしログイン情報や履歴なども消されます。
そのため借りているときに使ったアカウントなどが誰かに使われたりはしません。
ただパスワードなどは非常に重要な個人情報なので、あまり入力しない方がいいかも知れません。

Page Top