蜑阪∈
谺。縺ク

レンタル携帯を短期で使うか長期で使うか

携帯電話の契約をするときに問題だったのが契約の縛りでしょう。
新たに契約をするときには本体を購入したうえで携帯電話会社と契約をする必要があります。
すると契約当初に高額の本体代金が必要になり加入のネックになります。
そこで各会社は当初の負担を減らせるよう割賦で機械代金を支払えるようにしてくれています。
ただ割賦なのでそれなりに長い期間をかけて支払っていく必要があり、未払い分を残したまま解約するときは違約金がかかるケースがありました。
会社を変更しても電話番号が引き継げるなど乗り換えがしやすくなっているものの短期解約時の違約金があるためになかなか乗り換えられない人がいました。
新たに違約金に関する解決策が取られていて、徐々に利用はしやすくなっています。
かつては長期利用を前提としないと損になることがありましたが、短期で解約をしても損をしにくくなりつつあります。
それでも機械代金の費用などは必要になるので、長期なのか短期なのかで迷うこともあるはずです。
短期に利用するのであればレンタル携帯が有利で、機械代金などは1日当たり数百円程度からの利用が可能です。
1日数百円で数万円の機械をレンタル携帯として利用できるのでかなりお得と言えます。
ただレンタル携帯の業者にはいくつかのタイプがあり、個人向けの業者は1日からの短期利用がしやすいところが多いです。
一方法人向けのレンタル携帯の業者の中には数か月の利用を前提にしているところもあります。
こちらだと短期で利用をやめると割高になってしまいます。
営業マンに貸し出すためにレンタル携帯サービスを利用するならそれなりの期間の利用を前提とするので長期から利用できる業者を利用するのが良さそうです。
一方で個人で数日のみしか利用しないのであれば短期の利用からできるレンタル携帯業者を利用するのが良さそうです。
利用するときに自分がどんな使い方をするのかシミュレーションしてみて、最も安くなる業者を選ぶようにしましょう。

Page Top